2021年09月09日

赤ちゃんのひどい便秘を治すコツ、この1記事を読むだけでOK

赤ちゃんのひどい便秘を治すコツ、この1記事を読むだけでOK

出産後、赤ちゃんの排便を記録したり観察したりすることは、親にとっては日常的なことです。 生まれたばかりの赤ちゃんは、自分の健康状態を説明することができないため、排便を注意深く観察することで、赤ちゃんの健康状態を把握することができます。 赤ちゃんが定期的に便通をしているということは、しっかりと食事をして、消化吸収されているということです。 しかし、長期間にわたって赤ちゃんの排便がないと、親は本当にパニックになってしまう可能性があります。 赤ちゃんが頻繁に排便する場合や、便が出にくい場合は、重度の便秘である可能性があります。

bb便便

赤ちゃんのすべての正常な便通

赤ちゃんは、生後10~12時間後に濃い緑色の無臭で粘り気のある便を徐々に出します。 生後3~4日は、1日に4~5回の排便があります。 離乳後は、茶緑色の薄いもの、濃いもの、ミルクの塊がある場合もある混合タイプの便を、一般的に生後4~7日目に1日4~8回出します。

母乳のみで育てられた赤ちゃんの排泄物は、オレンジがかった黄色で、均整のとれた粘り気のあるものか、少し酸っぱい匂いのする小さな柔らかい塊状のもので、おむつに付着します。 授乳のたびに排泄物を出す赤ちゃんもいます。 粉ミルクを与えられた子供たちの便は淡い黄色で、硬くて固形です。 乳児の排泄物は、空気に触れると健康的な色や暗褐色に変化することがある。

bb冇便便

生まれたばかりの赤ちゃんは大きく異なり、平均的な生後0~4ヶ月の赤ちゃんの排便回数は一般的に1日3~4回、4ヶ月以降は1日1~2回と言われています。 生後1~4ヵ月は、母乳だけで育てた赤ちゃんもミルクで育てた赤ちゃんも排便の回数が減り、1歳になるとほとんどの赤ちゃんが1日1回しか排便しなくなり、中には1回以上排便する赤ちゃんもいれば、1回以下の赤ちゃんもいます。

赤ちゃんが重度の便秘であるかどうかを判断する方法

赤ちゃんが重度の便秘の場合、便が出ないだけでなく、お腹が少し硬く、便が乾いていて出るのに時間がかかり、膨満感、食欲不振、泣き声、出血などを伴います。

赤ちゃんの便秘がひどいときの対処法

1、赤ちゃんが生まれたばかりの0~6ヶ月の場合、赤ちゃんに補完食を与えるためには、まず医師の診断を仰ぎ、医師の提案に耳を傾けるのがベストですが、一般的にこの時期の赤ちゃんには補完食を与えません。6ヶ月になってから徐々に補完食を与えると、便を柔らかくしたり、腸を刺激したりするのに役立つ食物繊維の多い食材を赤ちゃんに食べさせることができます。 梨のピューレ、レンズ豆のピューレなど、新鮮な野菜や果物をペースト状にすることができます。

2.赤ちゃんのお腹を毎日根気よくマッサージする。 最初に赤ちゃんが右になり、両手の親指がへその両側に置かれ、コアから外側の平行面に引き離され、左手が腹腔内で、時計回りにゆっくりと転がり、半円を描き、右手も同じように、数回続けて、適度なエネルギーにします。 1週間我慢すれば、実際に効果が出てきます。

3、食事療法 お勧めは、宝物の母のコミュニティが元気になる方法、リンゴと梨のスープです。 リンゴとナシは、水で茹でないと調理できません。 小さな赤ちゃんはスープを飲むだけでよく、大きな赤ちゃんはフルーツを食べることができます。 火を消す効果があります。

4.赤ちゃんの便秘の原因の多くは、授乳に関係しています。 母乳だけで育てている赤ちゃんの場合、母乳が少ないためにひどい便秘になることが多いようです。 そして、粉ミルクで育てられた赤ちゃんは、粉ミルクの影響でひどい便秘に悩まされることになります。 ひどい便秘のお母さんは、ほとんどがミルクで育てられています。 まず、親がすべきことは、粉ミルクが普段から濃くなっていないか、赤ちゃんが乳タンパク質不耐症ではないかを特に注意して確認することです。

便秘と乾いた便の違い

また、長い間排便がない赤ちゃんは、おまるを持っていることがあります。 通常、生後3~6週目以降に作られます。赤ちゃんの消化機能が向上すると、作られる便の量が減り、数日間保存しないと徐々に排出されなくなります。 そのため、数日間便が出ない赤ちゃんは、必ずしも重度の便秘ではなく、お腹が貯まっている可能性もあります。 母乳だけで育てられた赤ちゃんは、この病気にかかりやすいと言われています。 粉ミルクを飲ませている赤ちゃんは、ひどい便秘になりやすいです。

赤ちゃんの便の状態や、便を出したときの様子を見ることが大切です。 便秘の場合、便は正常で、赤ちゃんも違和感を感じませんが、重度の便秘の場合は、便が少し硬く、血が混じることもあります。 妊娠中の赤ちゃんの場合、赤ちゃんが正常に成長・発達していて、泣いたり騒いだりせず元気であれば、一般的には介入する必要はなく、毎日お腹を時計回りになでてあげればいいのです。 ひどい便秘の場合は、母親が介入する必要があります。

赤ちゃんの便秘がひどく、長い間解消されていない場合は、医師に相談に行き、必要に応じて、常に医師の具体的な指示に協力しながら、薬に従った養生を実行する必要があります。

Baby Constipation, Learn These Common Tricks To Treat It Quickly

Es gibt einige Babys, die im Alltag nur sehr schwer kacken können, was die Mütter sehr beunruhigt. Was sind also die bes...


寶寶便秘很難受?家長不必吃啞巴虧,4個辦法可幫寶寶處理嚴重便秘

寶寶出世之後,因為胃腸系統軟件各層面都還沒生長發育徹底,因此必須少食多餐。由於吃的多因此大便頻次也許多,當家長們早已習慣這類一天一次次排便的情況下,卻會忽然發覺寶寶有時兩到三天才排便一次,乃至有時五六天一次。發生這個狀況在所難免讓家長們很擔...


寶寶便秘怎么辦?醫師:嚴重便秘並不恐怖,這種辦法還可以協助寶寶排便

<FC-d09eea64ccf2b240e6bb便便3d58b3ff493>幹了家長以後,小孩的日常生活日常變成 了家長們主要關注的事,許多家長表明寶寶長期便秘真的是真的很難,不清楚該咋辦,許多家長們就了解吃蘋果、喝益生菌粉?今...


posted by 遥香はるか at 15:38| Comment(0) | 生活 | 更新情報をチェックする